注文住宅のときも併せて考えたい!?エクステリアの豆知識について分かりやすく解説

このサイトでは、初めての家づくりのときに最初から考えておきたい外構工事の豆知識を分かりやすくご紹介しています。
最近は外構と呼ばずにエクステリアなどのようにインテリアとの対比後で使用されるケースが多いけれども、家の外側は注文住宅では後回しにしがちです。
しかし、後回しにしてしまうと予算が足りなくなってしまうなど最初から計画することが大切です。
なお、ここでは敷地全体が開放的に見えるオープンデザインや検討するときには配置計画をしっかり立てて実用性を重視などについて解説しているので参考にされることをおすすめします。

注文住宅のときも併せて考えたい!?エクステリアの豆知識について分かりやすく解説

注文住宅の家づくりは、最初からエクステリアの計画を立てておくと予算を取りやすい、施工中などの防犯にも役立てることができる色々なメリットがあります。
家が完成してから生活を始めてその後でエクステリアを考えるケースもあるけれども、エクステリアはデザインにより防犯機能を持たすことができたり、道路からの視界を遮るなどプライバシーの保護に役立てることもできます。
そのため、注文住宅の家づくりはエクステリアにも視野を広げて配置計画を立てることをおすすめします。

そもそもエクステリアとは?外構との違いは?

外構は建物の外側にある、ブロック塀やフェンスなどを中心にした設備で従来は防犯や目隠しなどの機能性が重視されていましたが。
最近は、デザイン性を求める人が多くなっていてフェンスや門扉などを設置しないオープンタイプを選択され人も多いなど、エクステリアといった表現が一般的になっているようです。
エクステリアには、門扉・玄関アプローチ・塀やフェンス・庭・テラスやウッドデッキ・カーポートもしくは駐車場などの構成要素があります。
また、エクステリアにはクローズドデザイン・オープンデザイン・セミクローズドデザイン、3種類のデザインがありそれぞれ好みのものを選んで注文住宅の家づくりに使うことができます。
なお、外構工事やエクステリアの施工は防犯性やプライバシーの保護などに置ける観点からも、注文住宅の家づくりと同時に行うことをおすすめします。
ただし、これらの工事は家がある程度完成した段階からスタートするのが一般的なので、家がある程度完成するまでの間にスケジュールを立てましょう。

門扉や玄関アプローチなどエクステリアを構成する要素

エクステリアには門扉や玄関アプローチを始め、ウッドデッキやテラス・カーポートなど色々な構成要素がありますが、これらは全てを取り入れる人もいるけれどもマイカーを持っていない人は駐車スペースを確保するだけで済むかもしれませんし、庭でガーデニングを楽しみたい人などはウッドデッキを作らないかもしれないなど、それぞれこの好みのパーツを選んで施工をするスタイルです。
注文住宅などの場合は、家がある程度完成した段階からエクステリアの工事が始まるのですが、工事中は門柱や門扉などがないので防犯性に対する不安を持つ人も多いのではないでしょうか。
一般的に、家の施工中は入り口部分に仮のフェンスを設置したり、ロープなどで立ち入りを禁止する看板を設置するなどからも、それほど気にする必要はありません。
また、家は未完成の状態になるわけですから室内に貴重品などがあるわけではない、このようなことからも家がある程度完成してから門扉や玄関アプローチなどの施工をスタートさせれば良いわけです。

エクステリアのデザインには幾つかの種類がある

エクステリアにはクローズドデザインと呼ぶ敷地が門扉やブロック塀もしくはフェンスな度で囲まれたクローズデザイン、門扉や塀などで建物を囲まないオープンデザイン、そしてクローズドとオープンの2つの特徴を持つセミクローズドデザインの3種類に分類されます。
オープンタイプの場合は、敷地全体が開放的に見えるメリットがあるけれども道路から丸見えになってしまうプライバシー保護や立ち入り防止など対策が必要になることもあります。
開放感を持たせる目的で郵便ポストや表札、インターフォンなどのような住宅に必要最小限ともいえる設備だけを設置することもあるのでコスト的にもかなり節約ができるメリットもあるのではないでしょうか。
クローズドタイプのエクステリアは、庭および1階部分などが道路から見えにくくなるためプライバシーの保護や安全性などの配慮したスタイル、塀などがあるので敷地内への立ち入り防止にも役立てることができます。
両方の特徴を持つセミクローズドは、敷地を囲む塀などをなるべく低くしたり、駐車スペースの一部を開放させるなどバリエーションを考えて施工ができる魅力もあります。

クローズドデザインのエクステリアに向いている住宅とは?

エクステリアをクローズドデザインにすると、建物が門扉や塀などで囲まれるような形になるので道路などから庭や部屋の1階部分が見えにくくなるメリットがあります。
庭などでバーベキューをするときなど、道路から見えにくいのでプライバシーを守りながら楽しめる魅力もあるのではないでしょうか。
ただ、敷地内への立ち入り防止およびプライバシーの安全面に配慮したで事案ではあるけれども家全体が閉鎖的になってしまうなどからも、不審者が立ち入ったときに隠れる場所が多くなってしまったり窮屈なイメージを抱くこともあるので、ブロック塀ではなくフェンスなどを使って工夫することがポイントです。
なお、このようなエクステリアに向いている住宅は角地など2面道路です。
2面道路の場合で東南角地では東側と南側に道路があるので、ここから1階のリビングダイニングなど部屋の中が丸見えになりがち、クローズドデザインにすること視界を遮ることができるメリットに繋げることができます。